Google Analytics(グーグルアナリティクス)の活用

アクセス解析ツール「Google Analytics」の活用について簡単にご紹介します。
Google Analyticsは無料で利用できます。アクセス解析からユーザーの行動を知ることで、効果的にWebサイトを運営していきましょう。

なぜアクセス解析ツールを導入するべきなのか?

Webサイトで来訪ユーザーに実現してほしいことは何でしょうか。
例えば、オンラインストアであれば「商品購入」、サービスを提供している会社であれば「問い合わせ」や「サービスの申し込み」などが考えられます。
Webサイトを訪問してくれたユーザーのうち、どれくらいのユーザーが商品購入やサービスの申し込みをしてくれたのか。そのユーザーはWebサイト内のどのページを見ていたのか。あるいは、どのページを見た後に離脱するユーザーが多いのか。
アクセス解析からこうしたユーザーの行動がわかれば、効果的に課題のページを特定して、改善策を考えることができます。
訪問ユーザー

アクセス解析でどんなことがわかる?

たくさんの項目がありますが、基本的なメニューは以下の通りです。
ユーザーメニュー
サイトへの訪問回数、訪問ユーザー数、ユーザーの使用デバイス、性別、年代など、訪問ユーザーに関する情報を見ることができます。
ユーザーの属性を知ることで、ウェブサイトのコンセプト設計に役立てることができます。
集客メニュー
ユーザーがどのようにしてこのサイトに訪問したのかがわかります。検索エンジンから、SNSから、広告から、他サイトのリンクから・・・etc。
集客のために機能しているメディアを把握することで、効率的に集客アップするためには今後どのメディアに力を入れればいいか対策を講じることができます。
行動メニュー
ユーザーによく見られているページや、平均ページ滞在時間、サイトの離脱率など、ユーザーの行動を知ることができます。
Webサイト内の導線やコンテンツ内容の見直しに役立てることができます。
コンバージョンメニュー
「商品購入」「問い合わせ」といった目的達成の数・割合を見ることができます。

アクセス解析をどう活用する?

①分析
各種レポートを確認しながらユーザーに対する気づきを発見していきます。
年代、性別、使用デバイスなどのユーザー属性データや、どのページを閲覧したか、どういう順番でページを閲覧したか、ページのどの部分をクリックしたかなどの行動データを可視化します。
②施策検討
データから得られた気づきをもとに、ページのレイアウト修正、コンテンツの差し替えなどWebサイトの改善案を考えます。
③施策実施
改善案をWebサイトに反映します。実行する前に、どの数値を見て効果を測定するかを決めておきます。
④結果確認
データを見て結果を確認します。
分析
このサイクルを繰り返すことでWebサイトを改善していきます。
今後Webサイトからの集客や売上増加など成果を上げるためにぜひGoogle Analyticsを導入してみてはいかがでしょうか。

Contact

猫と本棚

エクスフィールドへのお問い合わせ。

ホームページやポスター、LINEスタンプ等々何かを作りたいけどなかなか作れずに困っている皆様。
エクスフィールドに相談してみませんか?ご相談は無料ですので、いつでもお伺いいたします。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:052 - 938 - 4891

受付時間:10:00~18:00(平日)

PAGE
TOP