Blogブログ

記事一覧

2021年

レスポンシブデザインとは?

多くのWEBサイトは、PCで開いた場合とスマホで開いた場合にそれぞれ見やすいよう異なるデザインで表示されていると思います。これはどんなデバイスからでも画面サイズに応じて表示を最適化するレスポンシブデザインと呼ばれる技術です。
レスポンシブ対応でないサイトでは、スマホで見た時に文字が小さくて見づらい、リンクをクリックしづらいなど操作性の悪さにストレスを感じてユーザーがサイトから離脱してしまう可能性が高くなります。
デジタルデバイス

メンテナンスが簡単

従来は、スマホ用、タブレット用、PC用というように、複数のHTMLファイルを用意しなくてはなりませんでした。しかしレスポンシブデザインでは、ひとつのHTMLファイルでそれぞれの画面サイズに合うようにレイアウトやデザインを調整します。
そのため、例えば「電話番号を変更したい」「新商品を追加したい」等、サイト内容に変更が生じたときにメンテナンスが簡単です。
ただし、HTMLがひとつなので、PCとスマホでコンテンツの順番を変えるなど、大幅に見せ方を変えることは基本的に難しいです。また、スマホ、PCそれぞれデザインを制作し、それに合わせたコーディングをするためPC版のみの場合より制作工数がかかります。

SEO効果を発揮

レスポンシブデザインへの関心がさらに高まっている理由として、Googleが2021年3月に※MFI(モバイル・ファースト・インデックス)へ完全移行する旨を発表したことがあげられます。レスポンシブデザイン作成を行うことで、スマホユーザーへの配慮がされたホームページであると認識され、SEOとしても効果を発揮することが可能です。逆に言えば、スマホ版ページを作成していないWebサイトの検索順位下落が危惧されているのです。
※MFI:Googleの自動巡回ロボットがモバイル(=スマホ)版ページを検索結果に反映すること。
モバイル
これからWeb制作を行う、あるいはホームページリニューアルを行う方は、ぜひこの機会にレスポンシブWebデザイン作成を実施されることをオススメいたします。

ホームページとランディングページ(LP)の違い

「ホームページ」と「ランディングページ(LP)」ってどう違うの?と疑問に思われたことはありませんか。
これらはどちらもWEBサイトですが、それぞれ目的が異なります。今回はその違いについて簡単にご紹介します。

ホームページ(=コーポレートサイト)

複数ページで構成されており、TOPページ・会社概要・お問い合わせ・サービス紹介・スタッフ紹介・企業ブログなど様々な情報を網羅的に提供するWEBサイトです。
デザイン、コンテンツ内容ともにしっかりとその企業らしさが伝わるよう作成します。
Googleアナリティクスなどのツールを用いて、サイト内でユーザーがどのページに移動したか等、その行動を分析し把握することができます。

ランディングページ(=LP)

縦長1ページで構成されており、「お問い合わせしてもらう」「購入してもらう」などの目的を完遂するために作成されるWEBサイトです。
インパクトのあるデザイン、購買などの行動を促すための文章など、ユーザーをこちらの意図する方向へ誘導するよう作成します。ランディングページからの離脱を防ぐため、ホームページにあるような他ページへのリンクなどは極力存在させないようにします。
ランディングページを作成しただけでは誰にもその存在を知られることがありません。そのため、Googleなどに広告を出稿し、広告からランディングページに誘導する方法がよく使われます。
「購入ボタンを押す」などの明確なポイント(CV=コンバージョン)を設定し、その値を計測します。
ランディングページに使われるボタン

ランディングページは必要?

ホームページ上に商品購入ボタンや問い合わせページが設けられているなら、わざわざランディングページを作る必要はないのではないかと思われるかもしれません。しかし、ホームページには多くのリンクがあるため、訪問者が商品ページに行って購入ボタンを押す前に離脱してしまう可能性が高いなどのデメリットもあります。
ランディングページなら、1ページに情報を集約することで、商品紹介と購入ボタンが同じページ上にあるため、ユーザーがすぐに商品購入やお問い合わせを実行することができます。
そのため、ホームページを持っていても、キャンペーンや、特に⼒を⼊れて売りたい商材に対してランディングページを設けることで、訪問者により直接的で、効果的なアプローチができるでしょう。

企業ブログを運営してホームページを定期的に更新する

ホームページ、定期的に更新していますか?
ホームページは更新しなければ訪問者数が増えません。また、長期間更新されていないホームページは訪問したユーザーを不安にさせてしまいます。
更新には様々な手段がありますが、今回は最も更新しやすい方法として企業ホームページでのブログ運営をおすすめします。

企業のホームページでブログを運営するメリット

■広告費をかけずに商品やサービスを紹介できる
自社で提供している商品やサービスについて、使い方、お客様の声などの関連記事を書くことで、商品やサービスを検討しているユーザーが客観的な情報として参考にすることができます。
商品サンプル
■自社サイトへの訪問者が増えることで企業や商品の知名度が向上する
自社サイトのブログでユーザーにとって有益な情報を発信することで、企業や商品の知名度がなくてもホームページ経由でのお問い合わせ、購買、契約を増やすことにつながります。
検索からブログ記事に辿り着いたユーザーは悩みを持っています。自社商品・サービスを使った悩みの解決方法を伝えると、購入につながる可能性が高まります。
ネットショッピング
■従業員の声を発信することで企業イメージが伝わる
自社の従業員の声を発信することで、商品・サービス・お客様に対する従業員の思いが伝わり、ユーザーから共感が得られ、最終的に購買や契約に結びつきやすくなると言えるでしょう。
さらに、求人を行いたい場合、特に中小企業やスタートアップ企業などの場合、ブログを発信することで職場の雰囲気や目指す方向性などが伝わり、それに共感した求職者からの応募を増やすきっかけになるでしょう。
チーム

デメリットは結果が出るまでに時間がかかること

アクセスを集めるためには、継続して良質な記事を発信し、記事数を増やす必要があります。記事を書くこと自体にも時間がかかりますし、時間をかけた分効果が出るわけではないため、どの記事にどれくらいの反応がくるかも予想が難しいものです。そのため、結果が出るまで時間がかかるのが普通です。根気よく発信を続けましょう。

企業ブログを運営するならWordpressサイトがおすすめ

WordPressサイトなら「オウンドメディアサイトとしてブログの更新をメインにしたい」など、お客様のご要望に応じてカスタムテーマを⼀から構築できます。カスタムテーマを制作することによってお客様⾃⾝での更新作業を簡単にします。
公開後のサポートも行なっておりますのでお気軽にお問い合わせください。
WordPress

サムネイルがありません

リニューアルの経緯

いつもお世話になっております。

公開後から少し時間は経ってしまいましたが、
株式会社エクスフィールドはホームページをリニューアルしました。

前回のホームページも長い間お世話になり、そろそろリニューアルしてもいいのでは?
というところからリニューアルの話が始まりました。
ありがたいことにたくさんの企業さまからのホームページ制作の受注があり、
なかなかリニューアル作業に手がつかない状況が続いていましたが、
なんとか形にすることができました。

今までは静的なhtmlで制作していましたがWordpressを導入したことで
管理が数倍楽になり、基本的にコーダースタッフでしか更新が出来なかったところが
誰でもできるようになったので、それだけでもフルリニューアルした価値があったと
思っています。

昨今ではコロナ情勢ということもあり、ホームページやランディングページの
新規制作やリニューアル。
デジタルカタログなどのWeb媒体に力を入れる流れをすごく感じます。

これを期にエクスフィールドでホームページを作ってみませんか?

  • お知らせ

ホームページをリニューアルしました!

ホームページをリニューアルしました。

Contact

猫と本棚

エクスフィールドへのお問い合わせ。

ホームページやポスター、LINEスタンプ等々何かを作りたいけどなかなか作れずに困っている皆様。
エクスフィールドに相談してみませんか?ご相談は無料ですので、いつでもお伺いいたします。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:052 - 938 - 4891

受付時間:10:00~18:00(平日)

PAGE
TOP